事業内容

ホーム > 事業内容

保温工事とは

内部温度0℃~600℃の範囲で運転される配管、機器に、熱放散を抑える、逃がさない、触れても火傷しないように、保温材を取り付ける工事をいいます。

保冷工事とは

内部温度-200℃~0℃の範囲で運転される配管、機器に外部からの熱浸入を抑える、表面に氷結、結露させないように保冷材を取り付ける工事をいいます。

耐火工事とは

内部温度600℃~1300℃の範囲で運転される、ボイラー、焼却炉、その他炉等の直接火があたる内部に耐火材、レンガ、セラミック等を施工する工事をいいます。

防音工事とは

運転により配管、機器の回転、流体移動により発生する騒音を、規制された値(dB)以下に下げるために、繊維系の保温材、鉛等を施工し振動を抑えるために施工する工事をいいます。

主な現場

○発電所(原子力発電所、火力発電所、地熱発電所など)
○ガス備蓄基地
○石油化学プラント
○ごみ焼却施設
○造船所
○ロケット発射架台
○燃料電池 など

事業内容

会社情報

企業理念

採用情報

お問い合わせ

キュウニチ株式会社

〒816-0807
福岡県春日市宝町1丁目1-3
TEL 092-574-8661(代)
E-mail: kurogi-y@hop.ocn.ne.jp

閉じる